虫歯の治療方法とは?進行度について紹介していきます

虫歯の治療

「歯が痛い!しみる!」虫歯になったことがある方なら、きっと経験したことがありますよね。
虫歯は、虫歯の原因菌であるミュータント菌が出す酸によって歯が溶けてしまうことを言います。進行度によって5つに分類され、それぞれ治療法も異なります。

今回は、虫歯の進行度別に治療法をご紹介していきますので、今虫歯がある方は自分がどれに当てはまるのか確認してみてください。

虫歯の治療法とは

虫歯は、進行度によってC0~C4の5つに分類されます。

C0が最も軽い状態で、C4が最も進行している状態です。
ちなみに「C」とは虫歯の専門用語「カリエス」の頭文字をとったものになります。

それではそれぞれの虫歯の状態や治療法を見ていきましょう。

C0

歯の表面(エナメル質)が溶けている状態で、少し茶色っぽくなったり白く濁ったりしていて、ツヤが失われてしまいます。
この段階では痛みやしみるなどの自覚症状はなく、歯医者での治療も必要ありません。

C1

歯の表面に穴が開いてしまいますが、まだ自覚症状はありません。
この状態で放置すると重症化してしまうので、歯を少しだけ削って修復材を詰める治療を行います。
麻酔を使わずに治療できほとんどの場合1回の治療で済むので、この段階で虫歯を見つけられると良いですね。

C2

エナメル質よりも深い象牙質まで虫歯が進行している状態で、冷たいものがしみたり痛みを感じたりするようになります。
治療には局所麻酔を使い、虫歯部分を削って「インレー」という詰め物をします。

または、虫歯の範囲が広い場合や1つの歯に何個も虫歯ができている場合などは、「クラウン」での治療が必要です。

C3

虫歯が神経にまで進行している状態で、常に激しい痛みがあり熱いものがしみます。
ここまでくると、「根管治療」という歯の根元の治療を行い、神経を抜く必要があります。最後に「クラウン」を詰めて機能の回復を図ります。

C4

虫歯の中でも最も進行し危ない状態です。

歯の根元だけが残り、神経は死んでいるので痛みも感じなくなります。ただ、膿が溜まって痛みを感じることもあります。

虫歯が大きく歯が割れてしまっている場合は抜歯をし、入れ歯やブリッジ、インプラント治療を行います。

さっそく歯医者を探す

東京都

品川区戸越で評価の高い歯科をお探しなら、戸越なかやま歯科をおすすめします。

戸越なかやま歯科では、インフォームドコンセントを重視しています。

そのため、現在の症状や治療の内容・金額等を丁寧に説明し、安心して治療することができるんです。

歯科名:
戸越なかやま歯科

住所:
東京都品川区戸越3丁目11番14号

電話番号:
03-6426-7508

営業時間:
9:30~13:00 14:30~19:00
土曜日 9:30~13:00 14:00~17:00
日曜日 9:30~13:30

定休日:
木曜日 祝日

最寄駅:
戸越駅 徒歩 4分 戸越公園駅 徒歩 5分

まとめ

虫歯は早く治療すればするほど、軽い治療で済みます。

反対に、C4まで進行してしまうと歯だけでなく全身の健康にも影響してくるのです。
今虫歯がある方は、早く歯医者に行って治療してもらうことをおすすめします。